HOME > 新着情報 > 紫外線から目を守る、調光レンズって?

紫外線から目を守る、調光レンズって?

これからの季節、気になる紫外線

昨今のメガネレンズはUVカット標準装備が当たり前ですが、無色透明のレンズでは眩しさよけの効果はありません。

プラスチックのUVカットレンズにカラー染色をすることで、度つきのサングラスが出来上がるわけですが、当然、「室内でも屋外でも同じ濃度」になります。

部屋の中では「ほぼ無色」、「屋外に出るとサングラス」・・・こんなレンズがある事をご存知でしょうか?

一般的に「調光レンズ」と言われているレンズがそれです。

「偏光レンズ」と混同されている方も多いのですが、「偏光」は色の濃度は変わりません。

 

「調光レンズ」自体は、かなり以前から販売されていて、ガラスの調光レンズが主流でした。

ガラスの素材にハロゲン化銀を混ぜ込み、紫外線を受ける事で起こる化学変化を利用して色の濃淡を表現していました。

ただ、ガラスの調光レンズには、構造上の大きな問題点がありました。感光物質を素材に混ぜ込んでいる為、レンズの薄いところと厚いところで濃度が違い、度数が強くなると均一な濃度変化をしないのです。

 

 

最近主流のプラスチック調光レンズは、レンズ面にコーティングで感光物質を乗せている為、均一な色濃度の変化が可能です。

946200-img3.jpg

従来の調光レンズの濃度変化のきっかけは、「紫外線」と「気温」でした。

紫外線が多く、気温が低いほど濃くなるのです。夏のビーチよりも、冬のゲレンデのほうが色が濃くなるのです。

 

最新の調光レンズは、なんと「可視光線」に反応するものもあるのです!

例えばドライブシーンで・・・

従来の調光レンズは「紫外線」に反応しますから、「UVカットガラス」が装備された車の中では、ほぼ無色になってしまいます。

これが、「可視光線」反応型だと、日差しがあれば着色しますからUVカットガラス越しでも中程度の濃度に色がつくのです。

逆に、従来型だとほぼ無色になっていた屋内でも、明るさに応じて着色しますので一長一短ありますが、選択肢が増える事で需要もアップするのではないでしょうか?

 

この夏に向けて「調光レンズ」をオススメします!