HOME > 新着情報 > シニアレンズセレクト

シニアレンズセレクト

40代以降になると、一番身近になってくる目の悩み・・・調節力の衰えによる近方視不良。

近視の方も、遠くがはっきりするメガネを掛けたままだと近くが見にくくなります。

 

これらの症状と快適に付き合うメガネ。

 

今回はシニアレンズについてのお話です。

 

まずは最も幅広いシーンでお使いいただけるレンズ

 

境目のない遠近両用レンズの見え方イメージ

progressive_l.jpg

焦点距離は、遠景から手元までをカバー。

設計上、周辺部分の不明瞭域は広め。

車の運転から読書まで、日常のほぼ全てのシーンで活躍します。

 

中近レンズ(室内用)の見え方イメージ

room_l.jpg

焦点距離は、眼前数メートルから手元まで。

周辺部分の不明瞭域は遠近よりも狭く、手元はワイドに焦点が合います。

このレンズは、遠近両用と併用がベスト。

レンズの特性から、特に主婦の方、理容師・美容師の方にはお試し頂きたいレンズです。

 

 近近レンズ(デスクワーク用)の見え方イメージ

deskwork_l.jpg

これは文字通りパソコン・デスクワーク専用のレンズです。

掛けたまま歩く事はできませんが、近方の視野は広く、長時間の読書やパソコン作業等には非常に重宝します。

いわゆる「老眼鏡」との違いは、「ピントが合う奥行きが広い」という点。

老眼鏡でパソコンを見たとき、キーボードは見えるけどモニターが見づらい・・・こんな状況でお困りの方は是非お試し下さい。

レンズ下部に近用度数が入っており、レンズ中央付近には「少し弱い度数」が入っております。

こうする事で、下目使いでキーボードを見られて、正面を見た時には少し遠くのモニターにピントが合うようになります。

このレンズも、遠近両用との併用がベスト。

 

 

このように、シーンに合わせたレンズを上手にセレクトする事で快適な「視生活」が送れるのではないでしょうか?

遠近両用は万能ではありません。老視眼で、全ての目的距離において「ゆれ・ゆがみ」を感じることなく見られるメガネはありません。

今現在80%の満足度で使っている遠近両用に、中近メガネや近々メガネをプラスすることで、限りなく満足度100%に近づけるようなレンズセレクトをご提案しますdiamond

お気軽にご相談下さいませ!