HOME > よくある質問 > ハードレンズとソフトレンズの違いは?

ハードレンズとソフトレンズの違いは?

ハードレンズは黒目より小さいサイズの固いレンズでまばたきをするごとにレンズが動きますので違和感があります。個人差はありますが、使っていると慣れてきます。矯正能力に優れていて、何か目に問題があったり、異常があるとハードレンズはすぐに痛みなどの症状が現れやすく早期に対応できるため安全です。激しい運動等、外れて紛失してしまう事もあるのでスポーツなどには不向きです。

ソフトレンズは黒目よりも1回り大きいサイズのやわらかいレンズで、装用感はハードレンズに比べてもとても快適です。また目にピタッと付いている為激しいスポーツ等でも外れる心配は殆どなく、スポーツされる方に適しています。装用感がいいため、目に異常があっても気づきにくいので注意が必要です。ハードレンズに比べて矯正能力が劣る場合があります。酸素を通す量がハードに比べて少なく角膜に負担がかかりやすいと言われていますが、最近では酸素をよく通す新素材のソフトレンズも出ています。